コース 一覧
【分類名】ビジネス
章 一覧
【コース名】営業秘密管理の実践
(企業価値向上に向けて)受講時間:36分17秒
章名 イントロダクション(00分53秒)
概要 本コースでは、平成28年2月経済産業省発行の「秘密情報の保護ハンドブック」(以下「ハンドブック」)を基に、営業秘密情報の漏えい対策等を、事例に照らしながら解説します。
作成日 2017/02/27
受講状態 表示には、ログインが必要です。

章名 1.「秘密情報の保護ハンドブック」とは (02分53秒)
概要 秘密情報の保護の重要性及び本ハンドブックの作成目的について説明します。秘密情報とは何か、漏えいした場合の不利益、情報漏えいルート、標的型メール攻撃の危険性等について学べます。
作成日 2017/02/27
受講状態 表示には、ログインが必要です。

章名 2.「秘密情報の保護ハンドブック」のポイント(03分42秒)
概要 ハンドブックの位置付けが、情報漏えいについての対策を紹介するものである点を確認し、ハンドブックにおける、漏えいルートごとの対応、効率よく情報管理や上記対策を行う際の考え方のポイント、他社からの訴えに対する備え、有事における対応について紹介します。
作成日 2017/02/27
受講状態 表示には、ログインが必要です。

章名 3.「秘密情報ハンドブック」情報漏えい対策(09分47秒)
概要 ハンドブックにおける、情報漏えい対策の3段階のプロセス、対策を効率よく講じるための5つの「対策の目的」、対策を講じるための社内体制、紛争未然防止のための他社から示された情報の管理、漏えいの兆候の把握から発生後の対応等について紹介します。
作成日 2017/02/27
受講状態 表示には、ログインが必要です。

章名 ケース1. 部品メーカーA社の例(02分44秒)
概要 A社がB社に対し、A社独自開発部品の金型図面を提供したところ、B社がA社の競合他社であるC社に、安価で同部品のコピー部品を製造させているとの事例から、他社と取引する場合における情報漏えい対策を学べます。
作成日 2017/02/27
受講状態 表示には、ログインが必要です。

章名 ケース2. 食品メーカーD社の例 (02分33秒)
概要 D社の競争力の源泉であるスープの配合レシピについて、スープ開発担当者が競合他社に転職する予定のため、同レシピの情報が漏えいするおそれがあるとの事例から、従業員及び退職者向けの情報漏えい対策を学べます。
作成日 2017/02/27
受講状態 表示には、ログインが必要です。

章名 ケース3. フィルムメーカーJ社の例(01分59秒)
概要 J社の秘密情報たる耐熱性フィルムの製造工程や工場レイアウトを、他社に漏らしたくないという事例から、製造工程の、一連の流れを把握されることが危険であるという性質、工場レイアウトの、接しやすく持ち出しやすい情報であるという性質を考慮した、従業員向けの情報漏えい対策を学べます。
作成日 2017/02/27
受講状態 表示には、ログインが必要です。

章名 ケース4. 繊維メーカーK社の例(02分35秒)
概要 K社の従業員L宛にウィルスが仕込まれたメールが届いた。同メールの添付ファイルを開けば、K社情報(高機能繊維製造ノウハウ、顧客情報等)や調達先からの素材情報まで漏えいしてしまうおそれがある。以上のような事例から、不正アクセスや攻撃型メールへの対策を学べます。
作成日 2017/02/27
受講状態 表示には、ログインが必要です。

章名 ケース5. 食品メーカーF社の例(03分44秒)
概要 F社は、F社と同様の技術を有するG社から同技術使用製品の共同開発を提案されたが、これを断った。その後F社は自社技術でβを開発・販売したが、βはG社技術を用いたものであるとして製造・販売中止の警告状が届いた。以上のような事例から、自社の独自技術であると証明するための方策を学べます。
作成日 2017/02/27
受講状態 表示には、ログインが必要です。

章名 ケース6. 容器メーカーH社の例(05分27秒)
概要 H社は、食品保存容器開発のため、競合他社I社で容器開発経験のあるMを迎えγを開発・販売した。その後、γはI社の秘密情報を不正利用したものであるとして販売差し止めを求められた。Mはγ開発にI社技術を用いていた。以上のような事例から、転得者を受け入れ製品開発する際の留意点を学べます。
作成日 2017/02/27
受講状態 表示には、ログインが必要です。

章名 アンケート
概要
作成日 2017/02/27
受講状態 表示には、ログインが必要です。

独立行政法人 工業所有権情報・研修館(https://www.inpit.go.jp/) INPIT All Rights Reserved 2020 <お問合せ先> 独立行政法人 工業所有権情報・研修館 知財人材部電子研修担当 | TEL:03-5512-1202(10:00~17:00) | MAIL: ip-jz01@inpit.go.jp